交通事故防げ!漢のドライブ- 車が一瞬ぐらっ -

交通事故に遭ってしまった時の事を記したいと思います

私が交通事故にあってしまったのは、運転席に座っていた停車中のことでした。赤信号でしたので、アイドリングストップ機能がかかり、停車しまたままハンドルを握っていました。そこに前方不注意の車がお釜を掘る形で突っ込んできたのです。

車が一瞬ぐらっときた程の衝撃

かなりの衝撃でしたので、車が一瞬ぐらっときた程の衝撃でした。信号は青になりましたが、車を動かさない方が良いと思ったので、冷静になりそのままハザードランプを点灯させました。

すぐにぶつけてきた車の男性が降りてきて、とりあえず警察を呼んだのでこのままで居て下さい。救急車を呼びますか?と聞かれましたが、その時は大丈夫だと思ったので、「結構です」と伝えました。

しかし、事故処理をしているうちに気分が優れなくなり、結果、救急車を呼びました。初めての交通事故でどうしたら良いのか分からず、とりあえず兄弟にきてもらい、色々な処理をしてもらいました。

一瞬の出来事で記憶にないところもありますが、痛い思いをして言えるのは、あの事故は防ぎようがなかったのかな?あの道を通らなければ・・・と悔やむ気持ちも沸きました。リハビリや示談交渉など色々不明な点があるので今後は治療とリハビリに専念したいので、兄と弁護士さんとに任せてできる限り円満示談で進めたいと思います。

DATE:2016/09/20

ピックアップ記事一覧へ